*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑草農薬
DSC01407_convert_20100316001921.jpg

娘の引越しの手伝いやら、庭の木の植かえや畑の土壌改良で腰を大分痛めているのはわかってはいたのですが・・・。
愛犬との散歩の途中、道ばたでつくしんぼうを見~っけ
「イタタツ」を連発しながら摘みました。
農薬をできるだけ使いたくない私が以前からばら栽培に試してみたかったのです。


摘んだつくしの頭を天日で干すと2日程でつぼみが開き紫色の胞子が綿の様にいっぱい出てきます。
5日ほどで出尽くした胞子と頭を混ぜあわせてビニール袋に入れて保存します。自然の殺菌剤の出来上がりです。




使用方法  6グラムを水1リットルに入れて5分間沸騰させ冷やしておきます。
      石けん5グラムを少しの水で溶かしてさめたつくし液に入れ布でこして原液で使います。

効能    ベト病,さび病、うどんこ病


つくしの葉であるスギナはつくし程ではありませんが植物の病気に良く効く雑草農薬です。(通年利用できて便利)
また、人間の癌にも効くといわれ、スギナ茶として飲用されます。

去年は自然の肥料だと安心して施肥をやりすぎてかわいそうな事になったのでなんとか今年はきれいに咲いてほしいな~。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
はじめまして。
つくし農薬に興味があります。つくしが採れたら作ってみたいです。
そこで作り方について質問ですが、
(1) 6グラムというのは乾燥したつくしの頭の部分のことでしょうか。
(2) 石けんはどのような種類のものがよろしいのでしょうか。
よろしくお願いします。
gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。