*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NY金、3週間ぶり最高値 

004wannko.jpg 

 

NY金、3週間ぶり最高値 


11月2日、IMFは売却予定としていた金塊403.3トンのうち、半数の200トンをインド中央銀行に売却したと発表しました。現在、インド中央銀行は外貨準備金に占める金塊の比率は0。つまり、インドが買ったことにより、他国の中央銀行もドル下落防衛のため、大幅に金塊を買い増す可能性が出てきました。その先頭に立つのが中国、ロシアと思われます。インドの買い取り平均価格は1045ドル。売却価格は67億ドル(約6050億円)で、10月19~30日に買い取りを実施した。(11月3日:ワシントン)

金価格は現在最高値を更新中です。

IMFの金の売却先がインドとは驚きました。インドでは最近、宝飾用としてより実物資産としての金需要が勝っているらしいです。宗主国様にがんじがらめにされているどこかの国とは大違いです~。

中国政府の代理人は必死で金地金を買おうとしているらしいが、量も量だけに手に入らないらしい。もしかして高値でもがんがん買ってくるのではという期待もありでの最高値更新かも。中国はドルが紙屑になる前にと世界中の実物資産を買い漁っています。

カナダのバリック・ゴールドが発表した「10月に100万オンス(31トン)の買い戻しを実行済みというニュース。これも金高騰のきっかけの一因か。

更に ロシア政府の外貨準備保有金地金の売却
大統領の最終的な認可は下りていないが、財務省としては、やはり売却して財政赤字を埋めたいようです。売却規模は25トン。但し 国内市場でのみ売却し、海外の市場には売らないだろうとしています。国民のペーパーマネーを吸い上げて(インフレ懸念を打ち消し)、国富を海外に出さず、民間で保有させるという事だそうです。: http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/30030143.html   賢いですね。

トルコが中国、イランとの貿易取引に米ドル、ユーロの使用を停止してそれぞれの自国通貨を使用すると決定。 トルコは、ロシアとの貿易取引には、既に米ドルからの離脱をし、自国通貨決済へと切り替えている。

ドルの崩壊が近いのでしょうか。各国の動きが激しくなってきました。(それにしても、日本の国益のために動かず、ノリピーやお笑いばっかりのマスコミには本当に腹ただしいかぎりです。)  世界は倒産ラッシュでバッタ放出品によるデフレが続いていますが、そのなかで安全資産である金・原油・穀物に余剰資金が向かっているということなのでしょう。

 


 現在の日本が大不況なのは帝国循環が止まったからです。もうすぐ熱塩循環も止まるでしょう。帝国循環とは、日本がアメリカに財やサービスを輸出し、ドルを得て外貨を資本として蓄積するシステムです。アメリカは半世紀前は世界の石油の半分を生産していました。しかし、それが枯渇しイラク戦争も失敗しました。アメリカにはお金がありません。故に負債も返済出来ません。ガソリンが高くなり、郊外のコンドミニアムから都市の職場に働きに行く事ができません。故に住宅は維持出来ず、多くの住宅ローンが不良債権となりました。日本はアメリカに輸出してお金を稼ぐ事ができません。故に大不況となりました。石油の経済価格での枯渇と地球規模の気候変動は新しい疫病や飢餓を発生させるでしょう。貴方の大事な人々に危機が迫っています。日本においては貧困や犯罪の増大を発生させます。難に当たるには勇、乱を治めるには智と言います。勇気を得る為には戦友が必要であり、智を得る為には学友が必要です。その為に、是非とも学び合いましょう。
 

学び合う仲間と知り合う情報誌:連山公式メルマガ「秋月便り」

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

以下、ブログ『昨日より今日』http://sekinori234488.blog58.fc2.com/blog-entry-59.htmlからの引用です。 ===============引用開始=============================== 11月2日、IMFは売却予定としていた金塊403.3トンのうち、半数の200トンをインド中?...
gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。