*All archives* |  *Admin*

2017/03
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   03≫
血沸き肉躍る日々
契約目前に倒れた主人は信頼できる業者の方の助けで無事、お客に迷惑をかけることもなく契約を締結することができた。大きな土地売買契約だったのでそれなりのお礼もせねばと考えていたがあっさり、買い方の分は貰っていいんだなと言われ、その時寝返りすら打てない状態の主人はただ、黙ってうなずくしかなかった。
回復の見通しもつかず、将来に不安を感じていた私にとって大きな金額が半減したことは少々不満だったが「欲張るな。彼だからこそ成就できたのだから。0だったかもしれないんだぞ。」と、主人にたしなめられ、それもそうだと納得し感謝した。
数人の地主の残りの地面についてもこの不景気にもかかわらず、オファーをもらっており、相談したところ、経験豊富な彼からは冬の間は動かないし今は体を治すことが何より先決だからそれは慌てずおいておきなさいとアドバイスを受けた。

ところがその土地の売買契約を別件で隠れて進めていることがわかり、見舞いと言って病院に来た彼からは「こちらはこちらで話を進めるからそちらが決まったらまた連絡をくれ」との戦線布告。さすがの主人も「種まきをして20年、地主の首根っこは抑えてあるぞ」と言ったら「早い者勝ちだ」とのたまったそう。
そ~ですか そ~ですか 入院している夫に早い者勝ちですか。勝算あったんですね。
しかも組んだ相手は忘れもしない数年前に自分の不始末を全部主人に責任をなすりつけてだまし恩を仇で返した相手。警察や裁判所をかけずりまわって身の潔白を晴らしたもののあの時のくやしさを決して忘れることはできない。
彼は同じ輩ではないし、大変な時に助けてもらって感謝しているけれど早い者勝ちと言われてふっきれた。
それでは主人の指示のもと私が動くしかないじゃないですか。
入院中で何もできないと相手が油断している今こそチャンス。
遠方の病院から一時帰宅させてオファー先の若手と私とで主人を抱えるようにして地主詣での毎日。

元気な時はお人よしでただ働きばかりと思っていたけれど、主人の種まきをしてからの20年間はやはり無駄ではなかった。どこへいっても誠意をもって対応してもらい、めでたく契約の運びとなった。
バンザーイ!!!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

契約目前に倒れた主人は信頼できる業者の方の助けで無事、お客に迷惑をかけることもなく契約を締結することができた。大きな土地売買契約だったのでそれなりのお礼もせねばと考えていたがあっさり、買い方の分は貰っていいんだなと言われ、その時寝返りすら打てない状態の...
gold
ドル円レート
フリーエリア