*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人三脚
主人が脳梗塞で倒れて2週間.点滴だけの治療からようやく気管支に誤飲しないように見守りながらの流動食に切り替わった。

左半身麻痺ながら幸いにも頭の方は大丈夫だったのでお客様に迷惑のかからないようにやりかけの仕事を病室で整理しながら私ができることは主人の代わりに走り回っている。

個人経営の不動産業ながら農地を転用して病院や施設を誘致する特殊な仕事なので農業委員会や法務局、公証役場など、生まれて初めて足を踏み入れる場所ばかりで毎度のことながら混乱しながら今に至っているがなんとかなるもんだと我ながら驚いている。

主人にはちょっと申し訳ないけど「急に脳梗塞で倒れたので訳が分からなくて。」というとみんなと~っても親切に教えてくれるので大安売りだ。

個人経営ではこんな場合ともすれば色んな方面に多大な迷惑をかけてしまうこともありうると実感した。

細かいのが銀河のように詰まっているが頭脳明晰だっただけに数字から何からすべて頭の中に入っていて、指示を出してくれたので助かった。しかし、今のところ、新聞やパソコンの文字をどう追っていけばよいのかわからず、左側が麻痺していて本人は相当なショックを受けている。

体重80キロ、身長180センチの主人は一日3箱のたばこを吸い死ぬときは肺がんさと豪語していた。死ぬのはまだまだ先と思っていたんでしょうね。秋月のチャットで常に最悪の場合を想定する訓練を受けていた私はつい、最近にも「肺がんより、脳梗塞の方が大変だわよ。」と言っていたのに・・・。

皮肉なことに肺には何の異常もなく、頭の血管がぼそぼそになっていたということ。

何の前ぶれもな自分の体力を過信しすぎたと今になって後悔しているが遅かった。

頑固な主人だけれど相当に懲りたようで今後はタバコも止め健康を心がけると約束した。

今更ながら我が家と義父母の2つの家をよくぞ今までまわしてくれたと感謝している。

じっくり、リハビリをしてもらい二人三脚で頑張らなくては。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。