*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世代間の争い
DSC02081_convert_20100722032147.jpg

バブル最盛期に60歳目前のご主人の突然死によって保険金数千万円の大金を手にしたおばあちゃん。めでたく息子も会社役員にまで出世するは自分は結構な金額の遺族年金をもらい続けるは本当に鼻息が荒かったんです。
ところがバブルがはじけた後なんとか持ちこたえていた息子の会社もとうとう倒産してしまいました。
息子のために仕込んだ会社の株券はすべてパーになってしまい、気がつくとおばあちゃんの蓄えは随分と目減りしていました。それでもおばあちゃんは強気でした。息子が年金をもらうまでは・・・。
この頃おじさんっぽくなってきた孫は地場産業が壊滅状態の地方では高給な職業にありつけるわけもなく結婚どころか自立さえままならない。パートに出ている嫁は朝から晩まで働いてもおばあちゃんの年金額の足元にもおよびません。無職になってもう直ぐもらえるようになる年金を今か今かと待ちわびている息子より何てったっておばあちゃんの年金が家族の中で一番高収入だったのですから。
ところが・・・
待望の年金をもらってからどうも息子の様子がおかしい。思ったよりも少なくて家がまわらないらしい。
家族皆冷たくてお金を出してあげた時だけしばらくは機嫌がいいんだと愚痴っていたおばあちゃん。
最近では可哀想に鬱ぎ込んでいるらしく元気な姿を見ることもありません。
想定していたことが身近で次々と現実として現れています。世代間の争いは先ずは家庭の中から起こっているのです。
年金の原資は枯渇しています。もらえないものをあてにして生活設計しているとえらいことです。もう少しでもらえる、死ぬまでもらえると信じて疑わない年金が破綻してもらえなくなった時、お金の値がなくなった時になって慌てても遅いと思うのですがあなただったらどうしますか?

P0007478c.gif


読もう!秋月便り
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。