*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠隔医療を体験して
モニターとしてビデオチャットによる遠隔医療を体験しました。
私の場合はなかなかスムーズに眠りにつくことが出来無いと言う事でご相談しました。
悩むほどでもなかったので少々気恥ずかしかったのですがとても丁寧に対応していただき安心しました。
高橋先生のお声はソフトでそのやさしい語り口は聞く者の心を開かせるような気がします。画面を通してとはいえ、まるで実際に向い合って診察してもらっているのと同じでお互いの目を見合わせながらリラックスして診療が始まりました。
自分ではうっかりしていましたが優しく問診される中,特にここ半年の間に子供たちの3回の引越しやら,庭木の移動, 剪定と集中的に体を使った時期と合致することを指摘されました。
自分の体力にお構いなしに動いたあげく、限界のところで短時間細切れに寝てしまう変なクセがついていたのです。
体調は悪くないのですがこれからはもう少し時間の配分を考えようと反省しました。

風邪をひいたりすれば直ぐに近くの医者に走っていっても、「精神科」というのはちょっと敷居が高い。
かなり重症化してから家族に説得されてというケースも多いのではないでしょうか。
私のまわりにもひきこもりや家庭内暴力などで悩んでおられる方がおられますが家族の協力が得られない場合、為す術も無く家庭崩壊への一途です。

今後、お茶の間で気軽に医療相談が受けられるようになれば救われる人も多いのではないでしょうか。
多いに期待します。

ちなみに主人は1日に3箱もタバコを吸うヘビースモーカーで、「タバコを止める位なら死ぬ!」とほざく完全な中毒患者ですが、さすがにこの不景気に追い打ちをかけるようなタバコ税増税に戦々恐々としております。
チャンス到来です。彼がその気になった時、ビデオチャットによる「禁煙外来」があったらいいな~と思います。

病院まではムリでもパソコンの前だったら坐ってくれるかもしれませんものね。

DSC01512_convert_20100609060310.jpg



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。