*All archives* |  *Admin*

2009/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議

 

ビジネス知識源  無料版より抜粋


           2009年11月4日:Vol.240
 <Vol.240:謎に満ちたゴールドを解けば、
 管理通貨と経済のからくりが見える(1)  著者: 吉田繁治

 


【ゴールド・原油・資源の3倍への高騰】
2002年以後、ゴールドと原油・資源は、ほぼパラレルに平行し、約3倍 に上げています。

ゴールドと原油の価格を基準に一定の価値とすると、今、(1)株・証 券・国債、(2)そして個人の名目所得や貯蓄額、(3)そして不動産 は、約三分の1に下落しています。

価値の基準とする尺度を、ゴールドや原油に換えれば、別の、経済世 界が見えて来ます。

問題は、価値の基準は何かということです。現在の世界では、米ドル を基準に、あらゆるものの価格を計るため、2000年代も株・証券・国 債・名目所得・貯蓄額が増え、不動産価格が上がったかのように仮想 されているだけでしょう。

ゴールドや原油を基準に見れば、世界は、今も、通貨価値が下がるインフレを続けています。2009年現在、ドルや円で見るから「デフレ」に見えるだけです。(注)インフレは、見掛け上は物価の上昇ですが、その本質は、物価を計る通貨価値の下落です。

 


【不思議】
ここ2週間、長期の歴史で価値を一定に保っていると直感できたゴール ドについて、いろいろ調べてみました。

気がついたのは、通貨としてのゴールドを、まともに論じた本や論文 は、実に少ないということです。わが国では、ほとんどゼロです。

【政府の失敗になるから・・・】 調べた過程で分かった理由を端的に言えば・・・

(1)政府・中央銀行が管理する通貨価値の下落(=インフレ=貨幣膨張)は、
(2)「政府の金融政策」の失敗になるからです。
   この失敗は、政治的な責任になる。

【米政府の喧伝(けんでん)】
逆に、ドル圏が使う基軸通貨を発行する米国政府・FRBは、「ゴー ルドの通貨としての役割は終わった。」と、折に触れ言う。

●ケインズが1930年ころに「ゴールドの価値に依存するのは、ばかげ たことだ」と言って以来、主流派とされるエコノミストは、ゴールド への発言を、意識的または無意識的に封じています。通貨は、政府が 管理するものだという前提があるからです。

ケインズは、英国政府の財務高官として戦費調達のため国債発行も説 いています。第二次世界大戦後の、国際通貨制度である「ブレトン・ ウッズ体制(1944年~1973年)」作りにも参加した。

【論理矛盾】
インフレの原因が、管理通貨の発行と流通量の膨張であることは、誰 も否定しない。ここに、管理通貨の論理矛盾がある。

インフレは、政府赤字を主因に引き起こされる。しかし政府は、そう でないかのように、振る舞う。ファンドの投機が、資源やゴールド価 格上昇の犯人と言う。これは誤りです。

ファンドは、利益が出るように運用するにすぎない。ファンドのマネ ー(負債)の、よって来たる根源は、政府赤字による過剰マネーでし ょう。

【救国】
私は、救国のために、言いかえれば高齢化に向かう国民の虎の子の金 融資産(世帯の金融資産1500兆円)を、将来の福祉費用に活かすため、 (円で3倍に高騰した今からでもいいから)100兆円分だけでも、順 次、ゴールドを買えばいいと考えています。民主党政権がこれを行え ばいい。そこから高齢化対策の福祉マネー、十二分に生まれます。

【米国が禁止すると言うが】
しかし政府、政治家、官僚は、それは、絶対できないと言う。理由 「米国が、日本政府の金の増加保有を禁じている」からだと言う。

情けないことです。小泉内閣時代(2001年~2006年)には、円が、 100円~125円のスプレッド(幅)で、米ドルにリンクするという「政府 間密約」があったように、ゴールドの政府・日銀による購買も禁じら れていると見ていいのです。

(注)今、この円・ドルの密約は消えている感じです。FX(外為レバレ ッジ売買)で、ドル安の反対売買をする個人が増えていますが、注意し て下さい。

政府・財務省・エコノミストは、(まだ)米国の圧力を恐れている ように思えます。

じゃ米国はなぜ、日本の政府を含む世界政府に「ゴールドを買わせな いのか?」 その理由は、論理的な推測によるしかないのです。

(注)民間や個人なら、堂々と買えます。資産性ではなく「商品とし ての金」を買うとIMFや米国に言えばいい。商品としてのゴールド は、公的には統計されません。   

                                                                                          以上引用終わり 


 

知らされていない事、不思議な事がいっぱいありそうですね。

吉田繁治氏の無料版のレポートを一部引用させていただきました。是非お読みください。

http://archive.mag2.com/0000048497/index.html

スポンサーサイト
gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。