*All archives* |  *Admin*

2009/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後はこれか?

 米国の準備G地金の多くが(米国以外の諸国、勿論 日本ドイツの準備G地金も、同じだが)ニューヨーク連銀の地下に保管されている。

つまり、ドイツや、その他の国々の外貨準備G地金は米国にあるのは間違いない。(間違いないというのは現物をなぜか確認させてもらえないから。

0101-3金の割合 

米国政府とドイツ政府は長い間、この問題で揉めており、米国政府は交渉を延ばし延ばしにしているそうで、これでドイツではデモまで起きたそうです。 

日本は?   私たち、な~んも知らされていません。

しかも問題の一つは、ドイツにようやく返却されてきた地金の品位が[Good Deliveryでなく、 コインを溶解しただけのレベル]だと言うのです。 この表現だけでは、判りませんが、 品位が99.5%以下で、もしかすると重量も規定範囲以下なのかも知れません。 
メキシコ金貨を溶解したものなら18Kで、米国金貨なら22Kでしょう。 

アメリカが本当に8000トン以上の金を持っているなら、ドルは
ここまで暴落はしないはず。スイスフランが強いのは、金があるからだそうです。

と言う事で、アナリストの中には、もう米国政府の外貨準備にはG地金が 残っていないと考えている人が結構居るのです。

そういえばイーグル金貨が発売されなくなって久しいです。

日本の保有高がおかしいほど少ないのも戦後、持ち高を制限されたとか。

は~っ、どこまでも貢ぐだけの日本だったのですね。

 いつかの韓国じゃないけど最後はこれですかね。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%89%B1%E5%B1%B1

日本の都市鉱山

都市鉱山という観点から見ると、日本は世界有数の資源大国である。独立行政法人物質・材料研究機構2008年1月11日に発表した数字によると、日本の都市鉱山に存在する金の総量は6,800トンで、これは全世界の現有埋蔵量の約16%にあたる。銀は60,000トンで、これは世界の埋蔵量の22%にもおよぶ。同様にインジウムは世界の61%、は11%、タンタルは10%と、日本の都市鉱山には全世界埋蔵量の一割を超える金属が多数存在する。

 

スポンサーサイト
gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。