*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大事に育てた庭の砂苔ちゃん
IMG_1540.jpg

目にも鮮やかな緑の苔庭を愛でながら一服のお茶をいただく。
うーん  最高に幸せじゃ。
スポンサーサイト
お気に入りのイパーンに庭のお花を飾ってみました
IMG_0763_convert_20150704172520.jpg



IMG_0746_convert_20150704173542.jpg

おたくも!?「政府に騙された」
皆様、大変ご無沙汰しまして申し訳有りませんでした。

恐慌の気配を感じる時期はとうに過ぎて、いよいよ足音の聞こえる段階となってまいりました。
最近の韓、中,露の領土問題は日本の政治、経済の弱体化を見越して仕掛けられたものであり、戦争で儲けるしかない米ちゃんにとっては静観の立場を取っている間にぼうぼうと燃えさかってくれれば商売繁盛といったところでしょうかね。
それにしても、今更どのツラ下げて といった面々の国民不在の政治ショーと、都合の悪い事にはだんまりを決め込むマスゴミには ほとほとげんなりです。

中国では反日運動で盛り上がっていますがこんな報道もあるんですね。あんまりにも違いすぎるので笑っちゃいました。



人民日報、50年代「尖閣諸島は日本領」と報じる 市民ら「政府に騙された」
(12/09/07  翻訳編集・叶子)http://www.epochtimes.jp/jp/2012/09/html/d97871.html
--------------------------------------------------------------------------------


【大紀元日本9月7日】尖閣諸島(中国名、釣魚島)の領有権をめぐる係争が勃発している中、中国共産党の機関紙・人民日報の1950年代の報道が話題になっている。報道の中で、尖閣諸島を含む琉球諸島および小笠原諸島などの島々は日本の領土であると伝えていた。中国国内では、当時の記事のスキャン写真がネット上に貼り出され、ユーザーらの間で、反日行動は政府に騙され踊らされているものではないかとの見方が広がっている。
 1958年3月26日付の人民日報の社説「恥知らずの捏造」は敵の米国に批判の矛先を向ける内容だった。米国側は中国政府のラジオ放送に成りすまして、中国外交部の公式見解として、「中国は琉球諸島への主権を絶対に放棄しない」という「デマの情報」を広げている、と同紙は報じ、「これは悪意たっぷりの楔打ちだ」「米国の狙いは、日本への領土返還を求める沖縄人民の強い感情に水を差すためだ」と批判した。

 また、同社説は以下のことをも伝えた。周恩来元総理は1951年8月15日、対日講話条約(米英草案)およびサンフランシスコ会議に関する声明文で、琉球諸島と小笠原諸島などの地域への管理権を主張する米国を批判した。その際、同元総理は、「これらの島々は過去のいかなる国際協定において、日本からの離脱を定められていないと述べた。
 さらに、1953年1月8日付の人民日報は、「琉球諸島の人民は米国の占有を反対する戦い」と題する報道では、「琉球諸島は台湾の東北から九州の西南の間に点在し、尖閣諸島や先島諸島、大東諸島、沖縄諸島など7組の島からなっている」と書き出し、琉球諸島を軍事基地に変える米国に島の人民たちは強く反対している云々を伝えた。

 この2篇の報道のスキャン写真を国内の著名学者・呉祚来氏が8月17日に新浪微博で掲載した。「昔は米国帝国主義を孤立させるため、我が政府は釣魚島が日本のものと認めていたのではないか」「かつては釣魚島を人に渡し、今度は国民を煽って取り戻させようとしている。国民をバカ扱いか」「知識のない大衆が共産党に踊らされていることがよく分かった」「釣魚島に国旗を揚げる前に、人民日報本社に揚げるべきだ」。17日一日、共産党の喉舌である人民日報の往時の報道に1万8千人のユーザーが注目し、転載やコメントをした。同時に、同紙に事実関係の説明を求める声も上がっている。


------------------------------------------------------------------------------------
何ちゅーていいわけするんだ、人民日報。

感謝の日々
DSC02382_convert_20120607112313.jpg
DSC02368_convert_20120607112511.jpg

何の世話もできず、ほったらかしでやせ細っていたばらを今年の春に一念発起して時間を作って土の入れ替えと施肥を行った結果、見事に生き返ってきれいに咲いてくれました。
そして出来る事はすべてやってきた結果、半身は麻痺していますが杖をついて歩けるまでに回復した主人。
脳内の新しくできた血管のおかげでしょうか嘗てほどではありませんがネット囲碁も初段級までできるようになった様です。バラと同じ生き返りました
仕事も一段落して事務所でバラを眺めながらまったりとお茶を頂く幸せなひととき。
こんな時間が持てるなんて一年前は本当に思いもよらなかった。

普通の人は普通に生きているのが一番しあわせです。

しかし、何事もなく普通に生きていくのが一番難しい。      良寛


DSC02388_convert_20120607105856.jpg

このひとときを大切にすべてに感謝して。
今の私がと~っても幸せ
お気楽にバラを育て、床や家具磨きを趣味にしていたのに主人の発病をきっかけにいきなり、一家の大黒柱になってしまった私。幸いにも主人の後遺症は半身麻痺でも過去の記憶は完全だったので今は二人三脚の不動産屋になっちゃいました。
最初の当たりがトラブルメーカーだったので夏ぐらいまではそれにかかりきりで投げ出したくなったり、悔し涙にくれたりとさんざんでしたが今はとっても元気です。助け合わないと成り立たない今の生活の中ですっかり、やさしくかわゆく変身した主人と私は嘗てとは違ってまるで新婚さんみたい。 キャッ
それと二人で一人前の私たちにもおかげさまで次々と仕事が頂け忙しいからです。
これがまた、主人にとっては何よりのリハビリになったようで秋の検査の結果、脳の梗塞部分に新しい血管が枝のように何本も延びていたのです。ご先祖様に感謝の日々です。

主人が元気なときに自前で作ってくれた不動産契約ソフトのおかげで怪しいワードやエクセルも何となく使いこなせるようになり、持ち前の図々しさもあってか契約書を読み上げるのもちょっと様になってきたかも。

増税やら放射能汚染やら不安で先の見えない昨今ですがこの仕事で感じるのは富める者は更に富み、貧する者が増え続けている現実です。
お金持ちの言うこと。「お金で持っててもしょうがない。」
もう、わかっているんですね~。

そしてお金に困ったり、破産したりした人々の手から驚くような値段で「土地」という資産がお金のいらない人々へと流れ出ていくのです。そんな訳で今結構忙しいわけです。

それぞれの人々を観察してある共通点を発見しました。
お金持ちはケチで細かいのに自分に不利にならないように、情報収集と周りへの気つ”かいには労を惜しまない。
対して貧する人はお人好しだけれど、リスク管理ができない人が多いように思います。
仕事の報酬としてのお金は生きていくための糧ですが資産を運用してふくらませたとしてもあの世に資産を持っていけるわけでもないのですから現世で他人様に迷惑をかけることなく、夫婦仲良く、なんとか食べていければ何より幸せ。

ということで、今の私がと~っても幸せというオチでした。チャンチャン!
gold
ドル円レート
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。